HOME > 詳細 > 租税論 -- 税制構築と改革のための視点
租税論

租税論 -- 税制構築と改革のための視点

租税の特徴と効果を説く待望の体系書

林 正寿 (早稲田大学教授)/著


2008年09月発売
A5判並製カバー付 , 334ページ
定価 2,916円(本体 2,700円)
ISBN 978-4-641-16322-5


財政・公共経済学 > 財政学概論
基本書・体系書

○在庫あり

租税の特徴や効果について,さまざまな視点から包括的・網羅的にとらえ,複雑で取っつきにくい理論や制度をできるかぎりかみ砕いて解説し,総合的な理解を促す,待望の概説書。税制の構築や改革を考えるための基礎的知識を提供する好個な一冊。
目次
第1章 混合経済における公共部門の役割とその財源
第2章 租税国家の歳入と租税の性格
第3章 経済循環と各種租税
第4章 一般税と部分税
第5章 公平性の原則
第6章 中立性の原則
第7章 簡素性の原則
第8章 租税の転嫁と帰着
第9章 包括的所得税の原理と制度
第10章 所得課税から消費課税へ
第11章 個人消費税
第12章 企業課税:法人所得税と企業消費税
第13章 一般消費税:小売税と付加価値税
第14章 個別消費税
第15章 ストック課税と富裕税
第16章 固定資産税
第17章 遺産税と相続税,補完税としての贈与税
第18章 社会保障税
第19章 地方税
第20章 国際課税

受賞

第18回(2009)租税資料館賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016