HOME > 詳細 > 日本経済の戦後復興 -- 未完の構造転換
同一ジャンルへ: 経済史
日本経済の戦後復興

日本経済の戦後復興 -- 未完の構造転換

東京大学ものづくり経営研究シリーズ > 東京大学ものづくり経営研究シリーズ

武田 晴人 (東京大学教授)/編


2007年10月発売
A5判並製カバー付 , 298ページ
定価 3,456円(本体 3,200円)
ISBN 978-4-641-16305-8


経済史 > 日本経済史
個別テーマの解説書

○在庫あり

世界に実力を誇る日本の製造業は,敗戦後どのように出発しいかなる困難に直面し発展してきたのか──高度成長期の日本型ものづくりに至る発展の道程を扱う1冊目。産業を取り巻く政策や経済構造の転換,その中の企業経営の行動を実証分析し,新事実を浮き彫りにする。
目次
序 章 分析視角
 ──過渡期としての戦後復興期=武田晴人
第1章 需要構造
 ──産業・企業の発展とその制約条件=武田晴人
第2章 競争構造
 ──反独占政策下の企業間競争=武田晴人
第3章 企業再建
 ──再建整備の実施とその意義:自動車産業の事例=呂寅満
第4章 企業金融
 ──金融構造再編下の設備資金調達=武田晴人
第4章補論 設備投資行動と銀行経営
 ──1950年代製造企業と銀行の行動変化=宮崎忠恒
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016