HOME > 詳細 > 財政学 改訂版
財政学

財政学 改訂版

制度変更をフォローした,待望の改訂版

神野 直彦 (東京大学教授)/著


2007年04月発売
A5判上製カバー付 , 406ページ
定価 3,456円(本体 3,200円)
ISBN 978-4-641-16298-3


財政・公共経済学 > 財政学概論
基本書・体系書

○在庫あり

政治・経済・社会を統合する媒介環として財政をとらえ,総合的な社会科学としての財政学の構築をめざし,広く迎えられた体系的テキストの改訂版。データ更新や制度変更のフォローを行い,格差問題など新規のトピックを盛り込み,さらに充実した内容を実現。
目次
第1編 財政学のパースペクティブ
 1 財政学への旅立ち
 2 財政と三つのサブシステム
第2編 財政学のあゆみ
 3 財政学の生成
 4 財政学の展開
 5 現代財政学の諸潮流
第3編 予 算
 6 財政のコントロール・システムとしての予算
 7 予算のプリンシプル
 8 予算制度の構造と機能
 9 予算過程の論理と実態
 10 予算の改革
第4編 租 税
 11 租税原則
 12 租税の分類と体系
 13 人税の仕組みと実態
 14 生産物市場税の仕組みと実態
 15 要素市場税の仕組みと実態
 16 オプションとしての公債と公債原則
第5編 財政のアウトプットとサブシステム
 17 貨幣支出としてのアウトプット
 18 公共サービスの供給としてのアウトプット
 19 三つのサブシステムと公共支出
第6編 政府間財政関係
 20 地方財政と中央財政
 21 地方財政の理論と実際
 22 政府としての社会保障基金
 23 公企業と財政投融資
 終章 財政の過去から未来へ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016