HOME > 詳細 > ストーリーで学ぶ開発経済学 -- 途上国の暮らしを考える

ストーリーで学ぶ開発経済学 -- 途上国の暮らしを考える

ある架空の途上国のお話から課題・理論・政策を学ぶ

黒崎 卓 (一橋大学教授),栗田 匡相 (関西学院大学准教授)/著


2016年03月発売
A5判並製カバー付 , 228ページ
定価 1,944円(本体 1,800円)
ISBN 978-4-641-15034-8
Introductory Deveropment Economics: Learning from Stories

国際経済・世界経済・貿易 > 開発経済学
やさしい入門書

○在庫あり

ストーリー仕立てで学ぶ,開発経済学の入門テキスト。各章では,まず架空の「アスー国」の人々の日常が描かれ,そこから課題を抽出,開発経済学がどのようなアプローチでそれに迫り,解決策や政策提言を導き出すのかを叙述します。最新の理論もわかりやすく説明。

◆書斎の窓の「自著を語る」コーナーにて,著者が本書を紹介しています。 →記事を読む
目次
プロローグ─ある途上国のお話
第1章 農業─伝統的制度に秘められた知恵
第2章 農村信用市場─多様化する農村経済とマイクロファイナンス
第3章 教育と健康─人づくりは国づくり
第4章 労働移動─バラ色の新天地?
第5章 経済成長と工業化─グローバル化した世界
第6章 技術移転─学びの道も一歩から
第7章 開発金融─おらが村とグローバル金融システムのつながり
第8章 開発援助─がんばれニッポン
第9章 持続可能な開発─環境と開発の対立を超えて
エピローグ─途上国の希望
補論1 書を捨てよ,現場へ行こう!─フィールド調査の実際
補論2 書を捨てよ,現場へ行こう!─介入の効果を測る

書評等

※『経済セミナー』2016年6・7月号の新刊書紹介に掲載されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016