HOME > 詳細 > 米国と戦後東アジア秩序 -- 中国大国化構想の挫折
同一ジャンルへ: 国際政治
米国と戦後東アジア秩序

米国と戦後東アジア秩序 -- 中国大国化構想の挫折

中国か日本か,戦後アメリカの選択

高橋 慶吉 (大阪大学准教授)/著


2019年12月発売
A5判上製カバー付 , 298ページ
定価 4,730円(本体 4,300円)
ISBN 978-4-641-14934-2
China or Japan? The American Search for a Partner in East Asia,1941-1954

国際政治

○在庫あり
書評等

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


アメリカが重視すべきなのは,中国か日本か。中国をパートナーに東アジアの秩序管理を行うことを考えていたアメリカは,第二次世界大戦後,日本重視の路線へと,その東アジア政策を転換する。その過程を実証的に分析し,現代アメリカの東アジア政策の起源に迫る。
目次
はじめに
第一章 中国大国化構想の形成
第二章 中国大国化構想の挫折
第三章 日本無力化構想の挫折
第四章 戦後東アジア秩序構想の帰結
おわりに

書評等

※『日本経済新聞』(2020年2月15日付朝刊)に書評が掲載されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016