HOME > 詳細 > 有期雇用法制ベーシックス
同一ジャンルへ: 労働法
有期雇用法制ベーシックス

有期雇用法制ベーシックス

荒木 尚志 (東京大学教授)/編著


2014年06月発売
A5判並製 , 262ページ
定価 1,728円(本体 1,600円)
ISBN 978-4-641-14464-4
Basics of fixed-term employment law

労働法
個別テーマの解説書

○在庫あり

雇止め法理の法定化,無期労働契約への転換など,大きく変わった有期雇用法制。その経緯を踏まえて全体を概観,労働基準法・労働契約法の関係条文を逐条で解説する。また,好評を博したジュリスト掲載の鼎談を収録。一冊で有期雇用法制の「いま」がわかる!

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
第1章 有期雇用法制の全体像
第2章 有期雇用法制の個別条文解説
     1 労働基準法14条(契約期間等)
     2 労働契約法17条(契約期間中の解雇等)
     3 労働契約法18条(有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換)
     4 労働契約法19条(有期労働契約の更新等)
     5 労働契約法20条(期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止)
第3章 鼎談「2012年労働契約法改正─有期労働規制をめぐって」
資料
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016