HOME > 詳細 > サイバーセキュリティと刑法
同一ジャンルへ: 刑法
サイバーセキュリティと刑法

サイバーセキュリティと刑法

情報セキュリティのありかたを考察

西貝 吉晃 (千葉大学准教授)/著


2020年09月発売
A5判上製カバー付 , 374ページ
定価 6,600円(本体 6,000円)
ISBN 978-4-641-13944-2


刑法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


サイバー犯罪の増加により,サイバーセキュリティを維持するための法整備の必要性が高まっている。本書は,サイバー犯罪のなかでも無権限アクセス罪を中心に,コンピュターデータの機密性保護をいかにして行うべきか,情報学や記号学の知見も交え,分析・考察。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*
目次
第1編 研究の背景・目的及び前提整理
 第1章 研究を始めるにあたって
 第2章 概念整理──三分法(情報・データ・存在形式)に基づくコンピュータ・データの特徴整理
 第3章 情報セキュリティ
 第4章 既存法制の処罰範囲
第2編 国際的な無権限アクセス罪の状況
 第1章 サイバー犯罪条約
 第2章 英語圏の無権限アクセス罪
 第3章 ドイツ語圏の無権限アクセス罪
 第4章 国際状況のまとめ
第3編 我が国における法律論
 第1章 不正アクセス禁止法上の不正アクセス罪
 第2章 立法論としてのコンピュータ・データの機密性侵害罪
第4編 終わりに──情報刑法の試み
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016