HOME > 詳細 > 判例刑法総論 第7版
同一ジャンルへ: 刑法
判例刑法総論

判例刑法総論 第7版

刑法学習における判例教材の決定版!

西田 典之 (元東京大学教授),山口 厚 (東京大学名誉教授),佐伯 仁志 (東京大学教授),橋爪 隆 (東京大学教授)/著


2018年03月発売
A5判並製カバー付 , 552ページ
定価 3,888円(本体 3,600円)
ISBN 978-4-641-13929-9


刑法 > 刑法総論
補助教材

○在庫あり

初版刊行以来,刑法学習の際に座右に置くべき定番の判例教材として好評を博してきた『判例刑法』。旧版刊行後の重要判例を織り込んで最新の動向に対応させた,ますます充実の第7版。生の素材を読み込むことによって事実認定の能力も磨くことができる。
目次
1 罪刑法定主義
 法律主義/事後法の禁止/類推解釈の禁止/明確性の原則/刑罰法規の適正
2 構成要件該当性
 主体(法人処罰・両罰規定)/行為/実行行為/結果/因果関係/不作為犯
3 違法性
 実質的違法阻却/正当防衛/緊急避難
4 責 任
 責任主義/故意/錯誤/違法性の意識/過失/責任能力/原因において自由な行為/期待可能性
5 未遂犯
 実行の着手/不能犯/中止犯
6 共 犯
 教唆犯・幇助犯/共同正犯/共犯の従属性/共犯成立の限界
7 罪 数
 包括一罪/科刑上一罪/併合罪
8 刑法の適用範囲
 刑法の場所的適用範囲/刑法の時間的適用範囲

ウェブサポート

◆本書第6版と第7版における判例番号の新旧対照表を公開しております。→対照表(PDF:215KB)を見る

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016