HOME > 詳細 > 新判例から見た刑法 第3版
同一ジャンルへ: 刑法
新判例から見た刑法

新判例から見た刑法 第3版

刑法判例教材の決定版

山口 厚 (早稲田大学教授)/著


2015年02月発売
A5判並製カバー付 , 386ページ
定価 3,132円(本体 2,900円)
ISBN 978-4-641-13911-4
Studying New Criminal Law Cases

刑法
補助教材

○在庫あり

近年に出された判例・裁判例を検討し,従来の判例・学説の流れに位置付けながら,その意義を明らかにする。当該の問題を的確に理解し,さらにその周辺にある問題にまで理解を広げることができるよう読者を導く。新たに3章分を追加して,一層内容の充実を図った。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
第1章 被害者の行為の介在と因果関係
第2章 被害者の行為を利用した法益侵害
第3章 不作為による殺人罪
第4章 正当防衛の周辺
第5章 過失犯の成立要件
第6章 実行の着手と既遂
第7章 共犯の因果性と共犯関係の解消*
第8章 承継的共犯*
第9章 罪数論
第10章 傷害の意義
第11章 住居侵入罪の成立要件
第12章 窃盗罪における占有の意義
第13章 不法領得の意思
第14章 不動産の占有とその侵奪
第15章 事後強盗罪の成立範囲
第16章 詐欺罪における交付行為
第17章 クレジットカードの不正使用と
詐欺罪の成否
第18章 文書の不正取得と詐欺罪の成否
第19章 欺く対象による詐欺罪処罰の限定*
第20章 誤振込みと財産犯
第21章 親族関係と財産犯
第22章 盗品等の返還と盗品等関与罪の成否
第23章 作成名義人の意義と有形偽造
第24章 賄賂罪における職務関連性
*=[第3版]で新規追加の章
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016