HOME > 詳細 > 刑事訴訟法
同一ジャンルへ: 刑事訴訟法
刑事訴訟法

刑事訴訟法

必携の一冊

酒巻 匡 (京都大学教授)/著


2015年11月発売
A5判上製カバー付 , 680ページ
定価 4,320円(本体 4,000円)
ISBN 978-4-641-13906-0
Criminal Prpcedure

刑事訴訟法
基本書・体系書

○在庫あり

法学教室連載「刑事手続法を学ぶ」に大幅な加筆をし,単行本化。刑事手続の諸制度の趣旨・目的とそこから導かれる法解釈論の筋道を丁寧に解説。透徹した視点から刑事手続の全体構造と作動過程を鮮やかに描き出す。刑事訴訟法の正確な理解へと導く1冊。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
序 刑事手続の目的と基本設計図
第1編 捜査手続
 第1章 総説
 第2章 捜査の端緒
 第3章 被疑者の身体拘束
 第4章 供述証拠の収集・保全
 第5章 捜索・押収
 第6章 検証・鑑定
 第7章 その他の捜査手段
 第8章 捜査の終結
 第9章 被疑者の権利
第2編 公訴
 第1章 公訴権の運用とその規制
 第2章 公訴提起の要件と手続
 第3章 審理・判決の対象
第3編 公判手続
 第1章 総説
 第2章 公判手続の関与者
 第3章 公判の準備
 第4章 公判期日の手続
 第5章 特別の手続
 第6章 裁判員の参加する公判手続
第4編 証拠法
 第1章 証拠法・総説
 第2章 証拠能力・総説
 第3章 違法収集証拠排除法則
 第4章 被告人の供述
 第5章 被告人以外の者の供述
第5編 裁判
 第1章 裁判の意義と種類
 第2章 実体裁判
 第3章 形式裁判
 第4章 裁判の確定とその効力
第6編 上訴
第7編 非常救済手続
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016