HOME > 詳細 > 双務契約の牽連性と担保の原理 -- 同時履行の抗弁・法定解除・留置権・相殺
双務契約の牽連性と担保の原理

双務契約の牽連性と担保の原理 -- 同時履行の抗弁・法定解除・留置権・相殺

新たに提唱する,担保的権利の統一的理解

岩川 隆嗣 (北海道大学准教授)/著


2020年09月発売
A5判上製カバー付 , 526ページ
定価 9,680円(本体 8,800円)
ISBN 978-4-641-13842-1


外国法 > フランス法
民法一般

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


双務契約の牽連性の伝統的理解に疑問を投げかけ,主にフランス法における同時履行の抗弁を巡る議論の検討を通じて,同時履行の抗弁・法定解除・留置権・同一の契約に基づく債権による相殺につき,より広範な牽連性を根拠とした統一的理解が可能であることを証立てる。
目次
第1章 本書の目的と検討課題
第2章 フランス民法制定以前の沿革
第3章 民法典制定以降サレイユまでの議論
第4章 サレイユ以降からカサンによる体系化まで
第5章 二つの双務契約の牽連性概念
第6章 同時履行の抗弁と法的牽連性に基づく諸制度の関係
第7章 日本法の考察
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016