HOME > 詳細 > 日本の公開買付け -- 制度と実証
同一ジャンルへ: 会社法,経済法
日本の公開買付け

日本の公開買付け -- 制度と実証

公開買付法制の実証分析と解釈・立法論

田中 亘 (東京大学教授),森・濱田松本法律事務所/編


2016年10月発売
A5判上製カバー付 , 438ページ
定価 8,208円(本体 7,600円)
ISBN 978-4-641-13758-5


会社法
経済法 > 金融・証券 > 証券取引
経済法 > 金融・証券

○在庫あり

2006年~2013年に行われた487件の公開買付け事例のデータに基づき,包括的な実証分析を行い,それを踏まえて解釈論や立法論を展開。法学者・経済学者・弁護士が,公開買付けの実態および法制度について多面的な分析をし,望ましい公開買付法制を探究する。
目次
序章 本書の特長および概要〔田中 亘〕

第1部 制度編
第1章 買付価格の均一性ルールについて〔石綿 学=久保田修平=松下 憲=髙田洋輔〕
  第1章へのコメント〔飯田秀総〕
第2章 公開買付けに関する行為規制〔飯田秀総〕
  第2章へのコメント〔内田修平=越智晋平〕
第3章 公開買付前後の第三者割当てをめぐる法的問題の検討〔松中 学〕
  第3章へのコメント〔戸嶋浩二=徳田安崇〕
第4章  現状を踏まえた利益相反回避措置に関する検討〔白井正和〕
  第4章へのコメント〔石綿 学=福田剛〕
第5章 MBOと親会社による子会社の非公開化の規制は同一であるべきか?〔加藤貴仁〕
  第5章へのコメント〔石綿 学=廣田雅亮〕
第6章 実質的特別関係者〔田中 亘〕
  第6章へのコメント〔篠原倫太郎= 髙橋 悠〕

第2部 実証編
第7章 公開買付けの当事者・価格その他の公開買付けの条件〔森田 果〕
第8章 公開買付けにおける支配プレミアムと株主の応募行動〔井上光太郎=小澤宏貴〕
第9章 公開買付けに付随する取引――公開買付けに付随する第三者割当て〔松中 学〕
第10章 利益相反取引における利益相反回避措置の現状〔白井正和〕
第11章  株価と売買高から見た情報開示,応募手続と支配権市場〔胥 鵬〕
  第2部実証編へのコメント〔久保田修平=松下 憲=根橋弘之〕

書評等

※『証券アナリストジャーナル』55巻6号(2017年6月号)の「証券アナリスト読書室」に書評が掲載されました。評者は,大崎貞和氏(野村総合研究所)
※『ビジネス法務』2017年5月号の「BOOK」に書評が掲載されました。評者は,浅妻 敬弁護士(長島・大野・常松法律事務所)。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016