HOME > 詳細 > 企業法の進路 -- 江頭憲治郎先生古稀記念
企業法の進路

企業法の進路 -- 江頭憲治郎先生古稀記念

企業法学の真髄

黒沼 悦郎 (早稲田大学教授),藤田 友敬 (東京大学教授)/編


2017年02月発売
A5判上製箱入 , 1074ページ
定価 24,840円(本体 23,000円)
ISBN 978-4-641-13757-8


会社法
商法一般・総則・商行為

○在庫あり

学界の第一線を歩んでこられた江頭憲治郎先生の古稀を祝し,薫陶を受けた研究者37名が寄稿。最先端の研究が集結した珠玉の論文集。
目次
◆企業組織法
法人格否認の法理の原構成………………………………………………………得津 晶
上場会社のパラドックス………………………………………………………………田中 亘
韓国における企業活力向上のための特別法の制定とその意義…………………權 鍾浩
台湾における閉鎖会社法制の新たな展開および課題……………………………蔡 英欣
株主優待制度についての覚書………………………………………………………加藤貴仁
差別的内容の行使条件や取得条項が付された新株予約権無償割当てについて
 ………………………………………………………………………………………明田川昌幸
株式会社法における株主総会と取締役会の権限分配……………………………福島洋尚
会社法310条1項および議決権代理行使の問題と最高裁昭和51年12月24日判決の意義
 ………………………………………………………………………………………柴田和史
モニタリング・ボード再考 ……………………………………………………………宍戸善一
会社法327条の2の廃止の提言 ……………………………………………………神谷髙保
会社の不法行為責任と内部統制システム構築義務………………………………髙橋美加
株主代表訴訟はわが国でどのように機能しているか………………………………大杉謙一
関連当事者との取引と手続的安全策………………………………………………弥永真生
学校法人のガバナンスに関する一考察……………………………………………尾崎安央
利益準備金の淵源と機能について…………………………………………………松井智予
不正な内容を含む計算書類の承認と分配可能額算定の関係についての覚書…久保大作
株式買取請求権に関する一省察……………………………………………………黒沼悦郎
株式買取請求権をめぐる諸問題……………………………………………………藤田友敬
組織再編行為における対価の不均衡と無効の訴え………………………………笠原武朗
あえて言おう,カスであると!――会社訴訟・証券訴訟で利用されるマーケットモデルは
 どこまでロバストなのか?…………………………………………………………森田 果
◆企業取引法
取引法におけるケース・スタディの方法について…………………………………清水真希子
民事仲立人と消費者保護……………………………………………………………三宅 新
鉄道車両ファイナンスに関する法ルールの歴史と展望……………………………小塚荘一郎
保険法における任意規定と強行規定………………………………………………榊 素寛
傷害保険における「事故と疾病の間の波長帯」の解釈……………………………大塚英明
生命保険における被保険者の精神障害中の自殺…………………………………白井正和
団体信用生命保険の法的問題と規制のあり方……………………………………井上健一
保険業法2条26項にいう保険募集の意義…………………………………………伊藤雄司
改正商法海商編における定期傭船者の第三者に対する責任……………………箱井崇史
◆金融・証券法
FinTech時代の金融法のあり方に関する序説的検討………………………………森下哲朗
「分散型台帳」の法的問題・序論……………………………………………………小出 篤
流通市場の投資家による発行会社に対する証券訴訟の実態……………………後藤 元
会計監査人の義務と責任……………………………………………………………堀田佳文
インサイダー取引規制における内部情報の保有と利用の違い……………………飯田秀総
欧州連合の内部者取引規制における伸展事象の内部情報………………………鳥山恭一
十年ひとむかし――特定投資家制度の日英比較…………………………………青木浩子
日本版スチュワードシップ・コードの規範性について………………………………神作裕之
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016