HOME > 詳細 > 信託法セミナー3 -- 受益者等・委託者
同一ジャンルへ: 債権各論
信託法セミナー3

信託法セミナー3 -- 受益者等・委託者

信託法を論究する

能見 善久 (学習院大学教授),道垣内 弘人 (東京大学教授)/編


2015年11月発売
A5判並製カバー付 , 292ページ
定価 4,320円(本体 4,000円)
ISBN 978-4-641-13700-4
Trust Law Seminar vol.3

債権各論

○在庫あり

ジュリスト連載「信託法セミナー」の第3弾。主に受益者と委託者に関する部分を取り扱う。第1巻・第2巻に続き,第一線で活躍する研究者と実務家が,座談会形式でハイレベルな議論を展開。ジュリストの連載には掲載されていない,新規収録のみで構成。
目次
第4章 受益者等
1 受益者の権利の取得及び行使
2 委託者の死亡の時に受益権を取得する旨の定めのある信託等の特例(遺言代用信託)
3 受益者の死亡により他の者が新たに受益権を取得する旨の定めのある信託等の特例(後継ぎ遺贈型信託)
4 受益者の権利行使の制限禁止
5 受益権等
6 2人以上の受益者による意思決定の方法の特例
7 信託管理人等
第5章 委託者
1 委託者の権利
2 委託者の地位の移転
3 相続による委託者の地位の承継
4 委託者が複数の場合
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016