HOME > 詳細 > 事例から民法を考える
同一ジャンルへ: 民法一般
事例から民法を考える

事例から民法を考える

佐久間 毅 (京都大学教授),曽野 裕夫 (北海道大学教授),田髙 寛貴 (慶應義塾大学教授),久保野 恵美子 (東北大学教授)/著


2014年04月発売
A5判並製カバー付 , 438ページ
定価 3,240円(本体 3,000円)
ISBN 978-4-641-13675-5


民法一般
補助教材

○在庫あり

法学教室の好評連載を単行本化。論点が複雑に交錯する事例を素材に,読者がしっかりと「考える」ことを意識した事例演習書。基礎的な事項から説き起こされた解説・一歩進んだ考察によって,事案の分析,論点の抽出,あてはめまで考え抜く力を養う1冊。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
【本書(全23問)で取り扱う主な論点】
保佐人・被保佐人/錯誤無効/詐欺取消し/代理/取得時効と登記/取消し・解除と登記/94条2項類推適用
/相続と登記/共有物の管理/物上代位と相殺/集合動産譲渡担保/種類物の特定/受領遅滞/債務不履行
/詐害行為取消権/共同保証/連帯根保証/将来債権の譲渡/債権譲渡と相殺/債権の準占有者/解除と第三者
/危険負担/他人物売買/瑕疵担保責任/転貸借響/賃料減額請求/賃貸借における特約/更新料不払
/保証金返還請求権/元請負契約と下請負契約/請負建物と所有権/建築施工業者等の不法行為責任
/被害者が死亡した場合の保護法益/相続構成と扶養構成/日常家事債務/夫婦の離別及び死別
/有責配偶者からの離婚請求/財産分与/未成年者の養子・監護
/寄与分/遺産分割協議/熟慮期間
/法定単純承認/遺言の自由と限界/共同相続人の1人に特定の財産を相続させる旨の遺言 など

書評等

※『受験新報』2016年11月号の特集「『今』受験生が使用している基本書・演習書」に紹介記事が掲載されました。
※『法学セミナー』2014年7月号「新刊ガイド」に掲載されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016