HOME > 詳細 > 事例で考える会社法
同一ジャンルへ: 会社法
事例で考える会社法

事例で考える会社法

法科大学院生必読の事例演習書

伊藤 靖史 (同志社大学教授),伊藤 雄司 (専修大学准教授),大杉 謙一 (中央大学教授),齊藤 真紀 (京都大学准教授),田中 亘 (東京大学准教授),松井 秀征 (立教大学教授)/著


2011年12月発売
A5判並製カバー付 , 506ページ
定価 3,672円(本体 3,400円)
ISBN 978-4-641-13611-3
Cases and Problems on Corporate Law

会社法
補助教材

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし
ウェブサポート

『法学教室』で好評連載された「事例で考える会社法」を単行本化。会社法の重要論点・最新論点を扱った事例問題と解説の構成,全24問。単行本化にあたり6問に参考答案を付した。自習用・グループ学習用教材としても最適。
目次
◆本書事例内で取り扱う主要項目
現物出資
財産引受け
全部取得条項付種類株式
株主平等原則
株主間契約
株主名簿閲覧謄写請求権
株式の共有
株主提案権
株主総会決議を争う訴え
株主総会の議長の権限
議決権の代理行使
利益供与
内部統制システム
利益相反取引
競業取引
取締役の報酬
経営判断原則
取締役の第三者に対する責任
会計帳簿閲覧謄写請求権
違法な剰余金の配当
自己株式の消却
募集株式の有利発行
新株発行無効の訴え
組織再編
株式買取請求権
持分会社
事後設立 ほか

ウェブサポート

2014(平成26)年6 月27 日に「会社法の一部を改正する法律」(平成26 年法律第90 号)が公布されました。平成26 年会社法改正などにより,本書の内容に補充を要する箇所がありますので,事例ごとに記載した追補を作成しました。
 →「追補」を見る

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016