HOME > 詳細 > 家族法改正 -- 婚姻・親子関係を中心に
同一ジャンルへ: 親族・相続
家族法改正

家族法改正 -- 婚姻・親子関係を中心に

次の“家族”のために

中田 裕康 (東京大学教授)/編


2010年12月発売
A5判上製カバー付 , 348ページ
定価 3,888円(本体 3,600円)
ISBN 978-4-641-13598-7


親族・相続 > 親族法 > 婚姻
親族・相続 > 親族法 > 親子
個別テーマの解説書

○在庫あり

のちの家族法を考察する上でぜひ参照されたい一書。第一線の研究者陣による,長期的視野に基づく研究の成果を総覧できる。過去に審議のあった夫婦の氏など立ち入らない点もあるが,具体的な条文案を示し社会・家族のあり方の多様な変化への対応を試みている。
目次
序 1民法改正委員会家族法作業部会の検討の経緯(中田裕康)
1 私法学会シンポジウム(2009年)──第2次案報告など
  2婚姻法・離婚法(大村敦志)
  3実子法(窪田充見)
  4養子法(床谷文雄)
  5親権法(水野紀子)
  6婚姻外カップルの関係(山下純司)
  7親子の養育関係(久保野恵美子)
  8コメント(瀬川信久)
2 座談会(2006年)──第1次案を受けて
  9座談会 家族法の改正に向けて
   (内田 貴/大村敦志/角 紀代恵/窪田充見/高田裕成/道垣内弘人/中田裕康/水野紀子/山本敬三/吉田克己)
  10家族法改正への若干の視点(吉田克己)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016