HOME > 詳細 > 金融商品取引法読本 第2版
金融商品取引法読本

金融商品取引法読本 第2版

広大な金融商品取引法の世界の道しるべ

河本 一郎 (神戸大学名誉教授),大武 泰南 (金融証券リサーチ顧問)/著


2011年10月発売
A5判上製カバー付 , 664ページ
定価 5,060円(本体 4,600円)
ISBN 978-4-641-13590-1


経済法 > 金融・証券 > 金融・証券一般
商法一般・総則・商行為 > 証券取引
基本書・体系書

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

金融商品取引法の全体像,金融市場のアクターの役割,次々生起する重大事案を,理論と実務に精通した著者が解説・分析する。第2版では平成23年改正まで対応,格付業規制・金融ADR・金商業者のグループ規制・CDS取引規制・無登録業者規制などを盛り込む。
目次
第1章 金融商品取引法とはどういう法律か
第2章 企業内容等の開示制度(ディスクロージャー)を考える
第3章 金融商品取引業者等の役割
第4章 金融商品市場
第5章 不公正な取引等をどう規制するか
第6章 重要な自主規制機関の役割
第7章 課徴金制度
第8章 金融商品業務と行政
第9章 金融商品取引法と関係深い主な法律
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016