HOME > 詳細 > 株主間の公平と定款自治
同一ジャンルへ: 会社法
株主間の公平と定款自治

株主間の公平と定款自治

同志社大学法学叢書 > 同志社大学法学叢書

松尾 健一 (同志社大学准教授)/著


2010年06月発売
A5判上製カバー付 , 262ページ
定価 5,616円(本体 5,200円)
ISBN 978-4-641-13575-8
Equal treatment of shareholders in enabling corporate law

会社法 > 株式会社 > 株主の権利・義務

○在庫あり

近年の株式内容をめぐる法規制の緩和には,金融商品としての株式利用を活発化させる期待もあった。本書は,法制度の沿革をふまえ諸外国のルールを視野にいれながら,企業再生やベンチャー投資などの実務界の創意工夫を生かしつつ定款自治のあり方を探求する。
目次
第1章 多様化と柔軟化の軌跡
 第1節 株式の内容の設計と変更に関するルールの沿革
  株式の内容の設計に関するルールの沿革
  株式の内容の変更に関するルールの沿革
  会社法におけるルールの内容
 第2節 株式の内容に関するルールをめぐる問題
  株式の内容の設計に関するルールの問題点
  株式の内容の変更に関するルールの問題点
第2章 株式設計の自由とその制約
 第1節 検討の視点と検討の順序
 第2節 比較法
  アメリカ法
  イギリス法
  ドイツ法
  フランス法
 第3節 株式の内容の設計に関するルールの検討
第3章 株式の内容の変更と株主間の公平
 第1節 検討の視点と検討の順序
 第2節 比較法
  アメリカ法
  イギリス法
  ドイツ法
  フランス法
 第3節 株式の内容の変更に関するルールの検討

受賞

第16回(2012)大隅健一郎賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016