HOME > 詳細 > 効率性と法,損害概念の変容 -- 多元分散型統御を目指してフランスと対話する
効率性と法,損害概念の変容

効率性と法,損害概念の変容 -- 多元分散型統御を目指してフランスと対話する

「法的効率性」を支える法学,法政策学の探求

グローバルCOE研究叢書 > グローバルCOE研究叢書 2

吉田 克己 (北海道大学教授),ムスタファ・メキ (パリ第13大学教授)/編


2010年04月発売
A5判上製カバー付 , 460ページ
定価 6,820円(本体 6,200円)
ISBN 978-4-641-13568-0


債権各論 > 不法行為 > その他(救済システム)
外国法 > フランス法

在庫なし

現代社会の変容にともなう法学の課題意識を共有しつつ,多元分散型統御をめぐる諸問題を日仏双方向的な対話(国際ワークショップ)をつうじて総論・各論(競争法と環境法)の両面からするどく分析。「効率性と法」の方法的解明や一般理論を探求する。
目次
第1部 効率性と法
 第1章 効率性と法──一般理論の試み
 第2章 効率性と国際私法
 第3章 国際仲裁の自律と「効率性」の考慮
 第4章 訴訟法における効率性──検出困難な概念
 第5章 効率性と法の関係の諸相──多元分散型統御の可能性
 第6章 多元分散型統御に向けての日仏の視線の交錯
 第7章 効率性と抵触法──Remy, Bollee報告へのコメント
第2部 損害概念の変容
 第1章 競争法における損害
 第2章 環境に対して引き起こされた損害の賠償
 第3章 損害概念の変容をめぐる日仏の対話
 第4章 民事責任法における損害の位置
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016