HOME > 詳細 > 医学の発展と親子法
医学の発展と親子法

医学の発展と親子法

親子法の真実とは

松川 正毅 (大阪大学教授)/著


2008年12月発売
A5判上製カバー付 , 384ページ
定価 7,020円(本体 6,500円)
ISBN 978-4-641-13524-6


社会保障法 > 医療問題・薬事問題(覚せい剤・麻薬を含む)
親族・相続 > 親族法

在庫なし
受賞

親子法について,とくに医療技術の発展に関連して生じた問題を扱った研究書。当事者の意思を尊重するのか,あるいは当事者の意思の及ばない領域が存在するのか。法制度を考える上で重要な視点を提供する渾身の一冊。
目次

 Ⅰ 生殖補助医療
人工生殖と精子の取扱い基準について
人工生殖と法
法の探求と世論
法理論生成と医師の貢献
生殖補助医療の実施基準
生殖補助医療における人の望みと子の福祉
生殖補助医療と親子法
生殖補助医療と法
生殖補助医療に与えた親子法改正の影響
《判例研究》
 Ⅱ DNA鑑定と親子法
親子法における真実とDNA鑑定
親子関係をめぐる争いとDNA鑑定
実親子関係の価値観とDNA鑑定
DNA鑑定の放任とその問題点
イヴ・モンタンとDNA鑑定
親子法における真実と時の経過
 《判例研究》
エピローグ

受賞

第21回(2011)尾中郁夫 家族法学術賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016