HOME > 詳細 > もうひとつの基本民法 2 -- droit civil fondamental:une autre voie bis

もうひとつの基本民法 2 -- droit civil fondamental:une autre voie bis

具体的事例からもう一歩先の民法へ

大村 敦志 (東京大学教授)/著


2007年10月発売
A5判並製カバー付 , 268ページ
定価 2,376円(本体 2,200円)
ISBN 978-4-641-13497-3


債権総論
債権各論
補助教材

○在庫あり

法学教室好評連載の単行本化。民法の契約法(債権総論・債権各論)と担保物権をカバー。各UNITの冒頭に「万馬券訴訟」「Wカップ観戦ツアー問題」など,なじみ深い事例を置き,徐々にテーマの本質的問題を追究。『基本民法』対応頁のリファーも充実。
目次
第1編 債権各論
 UNIT1 過失:医療訴訟の動向から
 UNIT2 損害:女子・外国人の逸失利益
 UNIT3 因果関係:原因競合
 UNIT4 責任能力と監督者の責任:子の責任・親の責任
 UNIT5 契約の成立:自動券売機の場合
 UNIT6 危険負担・解除:不能
 UNIT7 売買:瑕疵担保責任
 UNIT8 賃貸借:サブリースと借地借家法
 UNIT9 サービス契約:旅行契約
 UNIT10 複合契約:下請負
 UNIT11 無償契約:近隣関係とヴォランティア
 UNIT12 不当利得:誤振込み
第2編 債権総論・担保
 UNIT13 損害賠償(1):契約と債権債務
 UNIT14 損害賠償(2):履行利益・信頼利益
 UNIT15 損害賠償(3):違約金と責任制限
 UNIT16 相殺と債権譲渡(1):性質・合意・法律による制限
 UNIT17 相殺と債権譲渡(2):一括支払システム
 UNIT18 弁済:ATMによる引出し
 UNIT19 担保(1):附従性
 UNIT20 担保(2):優先弁済
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016