HOME > 詳細 > 自動車損害賠償保障法施行50年の軌跡と展望
同一ジャンルへ: 行政法
自動車損害賠償保障法施行50年の軌跡と展望

自動車損害賠償保障法施行50年の軌跡と展望

交通法研究 > 交通法研究 第35号

日本交通法学会/編


2007年02月発売
A5判並製 , 190ページ
定価 2,530円(本体 2,300円)
ISBN 978-4-641-13484-3


行政法 > 警察法・防衛法 > 交通

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

目次
【シンポジウム】自動車損害賠償保障法施行50年の軌跡と展望
報告1 自動車損害賠償保障法施行50年の軌跡と展望=瀧本峰男
報告2 自賠法における責任論の推移と課題=藤村和夫
報告3 後遺障害認定の変遷と課題=高野真人
報告4 政府保障事業をめぐる現代的課題=肥塚肇雄
【個別報告】
報告1 民法509条(不法行為債権の相殺禁止)の射程距離=藤井 勲
報告2 中間利息控除の割合について=齋藤 修
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016