HOME > 詳細 > 事例から行政法を考える
同一ジャンルへ: 行政法
事例から行政法を考える

事例から行政法を考える

北村 和生 (立命館大学教授),深澤 龍一郎 (九州大学教授),飯島 淳子 (東北大学教授),磯部 哲 (慶應義塾大学教授)/著


2016年07月発売
A5判並製カバー付 , 458ページ
定価 3,740円(本体 3,400円)
ISBN 978-4-641-13187-3
Rethinking Administrative Law through Cases

行政法
補助教材

○在庫あり
書評等 訂正情報

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


法学教室の好評連載を単行本化。具体的な事例問題20問とそれを解くための豊富な資料を掲載。さらに,各事例で問われている論点(「CHECK POINT」),「関連問題」とその「COMMENT」を新たに収録し,より使いやすいものになっている。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
第1部 標準編
 事例1 地下水保護条例をめぐる紛争
 事例2 公の施設の利用許可をめぐる紛争
 事例3 地方公務員の懲戒処分に対する司法審査
 事例4 老人福祉施設の民間化をめぐる利益調整のあり方
 事例5 社会保障給付決定とその返還をめぐる紛争
 事例6 廃棄物法7条1項および浄化槽法35条1項に基づく営業許可をめぐる紛争
 事例7 都市計画法53条1項に基づく建築許可をめぐる紛争
 事例8 墓地経営許可をめぐる利益調整のあり方
 事例9 障害者総合支援法に基づく勧告および処分をめぐる紛争
 事例10 ごみ処理広域化をめぐる利益調整のあり方
 事例11 畜場法に基づく検査をめぐる紛争
 事例12 造成等規制法による規制権限をめぐる紛争
 事例13 親水公園の管理をめぐる紛争
 事例14 処分をめぐる利益調整のあり方
 事例15 接種健康被害の救済と個人情報
 事例16 法に基づく提出文書と情報公開
第2部 応用編
 事例17 道路運送法上の公示をめぐる紛争
 事例18 農地の強制競売と転用をめぐる紛争
 事例19 入管法に基づく退去強制をめぐる紛争
 事例20 まちづくり事業をめぐる利益調整のあり方 

書評等

※『受験新報』2016年11月号の特集「『今』受験生が使用している基本書・演習書」に紹介記事が掲載されました。

訂正情報

*以下の箇所に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。
 67頁最終行 事例⑬ → 事例②
 76頁本文下から6行目 事例⑦Ⅲ → 事例④Ⅲ
 124頁「Ⅰ」7行目 事例② → 事例⑦
 324頁下から11行目 B → E

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016