HOME > 詳細 > 行政法 II -- 行政救済法 第五版
同一ジャンルへ: 行政法
行政法 II

行政法 II -- 行政救済法 第五版

行政法の学習の決定版

塩野 宏 (東京大学名誉教授)/著


2010年04月発売
A5判並製カバー付 , 426ページ
定価 2,592円(本体 2,400円)
ISBN 978-4-641-13062-3


行政法 > 国家賠償・損失補償
行政法 > 行政争訟法
基本書・体系書

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし
訂正情報

行政法学の第一人者による定評のテキスト。近年の行政法を取り巻く環境の変化を踏まえ,第四版以降の新たな判例・学説の展開や立法動向にも説明を加える最新の改訂版。法律を学ぶ方はもちろん公務員等行政実務家にとっても必携の書。
目次
第三編 行政救済論
 第一部 行政争訟法
  序 章 行政争訟の観念
  第一章 行政過程における行政争訟
  第二章 行政事件訴訟
 第二部 国家補償法
  序 章 国家補償の観念
  第一章 国家賠償
  第二章 損失補償

訂正情報

■2刷以降をお持ちの方へ
<訂正>207頁3行目~4行目の( )内の文言が訂正箇所です。
[誤]本案に理由がないとみえる程度が(大きければ)、損害の程度は多少軽度であってよいし、また、損害の程度が大きいときには、消極要件の認定は多少(甘くともよい)、ということになろう…
   ↓
[正]本案に理由がないとみえる程度が(小さければ)、損害の程度は多少軽度であってよいし、また、損害の程度が大きいときには、消極要件の認定は多少(厳格に解する)、ということになろう…

■初刷をお持ちの方へ
<訂正>107頁12行~14行の括弧内の文章を次のように改めます。
(参照、医療費の職権告示につき、東京地決昭和四〇・四・二二行裁例集一六巻四号七〇八頁、道路指定の告示につき、次頁所掲の最高裁判所平成一四年判決)

<訂正>207頁3行目~4行目の( )内の文言が訂正箇所です。
[誤]本案に理由がないとみえる程度が(大きければ)、損害の程度は多少軽度であってよいし、また、損害の程度が大きいときには、消極要件の認定は多少(甘くともよい)、ということになろう…
   ↓
[正]本案に理由がないとみえる程度が(小さければ)、損害の程度は多少軽度であってよいし、また、損害の程度が大きいときには、消極要件の認定は多少(厳格に解する)、ということになろう…

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016