HOME > 詳細 > 他者をめぐる法思想
他者をめぐる法思想

他者をめぐる法思想

日本法哲学会 (日本法哲学会)/編


2020年10月発売
A5判並製 , 212ページ
定価 4,180円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-12619-0


法哲学・法社会学・法制史 > 法哲学

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


目次
「他者をめぐる法思想」提題趣旨(高橋洋城)
「古典的自然法論の展開と他者の受容──キリスト教教父の法思想を中心に」(松島裕一)
「他者の歓待か所有権の擁護か──『新世界』をめぐる自然的交通権とホスピタリティ論」(松森奈津子)
「他者と自然法学──プーフェンドルフとスコットランド啓蒙」(前田俊文)
「ヘーゲル承認論と他者」(重松博之)
「『他者』を存在させるために──J・S・ミルの思考枠組と社会状態」(村林聖子)
「マックス・シュティルナー──市民社会の『他者』,哲学の『他者』」(住吉雅美)
「敵の地位とその秩序論的構造──カール・シュミット国際法論の基礎」(西 平等)
「総括コメント」(小林 公)

(書評)論争する法哲学
投稿論文
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016