HOME > 詳細 > 子ども法
同一ジャンルへ: 親族・相続
子ども法

子ども法

子・未成年・児童・少年・子ども――子どもを支える法の世界を案内する。

大村 敦志 (東京大学教授),横田 光平 (同志社大学教授),久保野 恵美子 (東北大学教授)/著


2015年09月発売
A5判並製カバー付 , 284ページ
定価 2,700円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-12576-6
Children Law

親族・相続
個別テーマの解説書

○在庫あり

憲法・民法・少年法・児童福祉法など,様々な法律が子どもに関わるルールを定めている。法の世界の「子ども」はどのような存在なのだろうか。これを法的な細かい知識がなくても読めるように解説。子どもに関わる専門家に,そして「子ども」に是非読んでほしい1冊。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
プロローグ 子ども法の出現(大村)
序 章 「人」としての子ども──子どもの人格(大村)
第1章 家族の形成(久保野)
第2章 家族の動揺(久保野)
第3章 児童虐待──虐待の発見・保護まで(横田)
第4章 児童虐待,その後──家族の再構築,自立へ(横田)
第5章 子どもと責任(久保野)
第6章 学校で何が?──いじめ(横田)
第7章 少年非行──児童福祉と刑事裁判の間(横田)
第8章 子どもと財産(久保野)
第9章 子どもと社会の交わり(久保野)
第10章 障害児の現在と将来(横田)
第11章 学校から社会へ(横田)

書評等

◆書斎の窓の「書評」にて,土井隆義・筑波大学人文社会系教授が本書を紹介しています。 →記事を読む
※『法学セミナー』2016年5月号の「新刊ガイド」に掲載されました。
※『保育の友』2015年12月号の「ほんだな」に掲載されました。

訂正情報

*第1刷から第2刷の重版の際に訂正をおこないました  →訂正情報を見る
*追加の訂正情報をアップいたしました。 →訂正情報を見る

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016