HOME > 詳細 > 知的財産法 第4版
同一ジャンルへ: 知的財産法
知的財産法

知的財産法 第4版

有斐閣アルマ > Specialized

角田 政芳 (東海大学教授),辰巳 直彦 (関西大学教授)/著


2008年05月発売
四六判並製カバー付 , 494ページ
定価 2,860円(本体 2,600円)
ISBN 978-4-641-12342-7


知的財産法

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

知的財産には様々な権利が付随する。その保護制度の全体像を把握していないと,思わぬ紛争を生じさせかねない。制度の総体をコンパクトにまとめた信頼できる入門書。特許に係る審判・審決取消訴訟についての記述を充実させたほか,法改正や新判例を織り込んだ。
目次
Part1 知的財産法の世界へ
 第1章 日常生活の中の知的財産
 第2章 知的財産法の発展
Part2 テクノロジーと知的財産権
 第3章 発明と特許法
 第4章 特許権の取得手続
 第5章 特許権とビジネス
 第6章 特許権の侵害と救済
 第7章 バイオテクノロジーの保護
 第8章 実用新案
 第9章 意匠
 第10章 商標
 第11章 不正競争防止法
Part3 アートと知的財産権
 第12章 アートと著作権法
 第13章 著作物の自由利用
 第14章 著作権の保護期間
 第15章 著作権とビジネス
 第16章 著作権の侵害と救済・制裁
 第17章 権利管理システム
 第18章 パブリシティの保護
Part4 デジタル社会と知的財産権
 第19章 プログラム・データベースの保護
 第20章 半導体集積回路の保護
 第21章 インターネットと知的財産権
Part5 知的財産権の国際的展開
 第22章 国際関係と知的財産権
 第23章 知的財産法のハーモナイゼーション
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016