HOME > 詳細 > 会社法施行5年 理論と実務の現状と課題
同一ジャンルへ: 会社法
会社法施行5年 理論と実務の現状と課題

会社法施行5年 理論と実務の現状と課題

会社法施行5年の軌跡

ジュリスト増刊 > ジュリスト増刊

岩原 紳作 (東京大学教授),小松 岳志 (弁護士(森・濱田松本法律事務所))/編


2011年05月発売
B5判並製 , 216ページ
定価 2,808円(本体 2,600円)
ISBN 978-4-641-11397-8


会社法
個別テーマの解説書

○在庫あり

今年5月に施行5年を迎える会社法について,これまでの理論展開や判例・実務の動向を分析し,解釈・運用上の到達点と課題を明らかにする。法制審議会での改正論議の根底にある問題状況を理解する上でも有益。会社法研究者,弁護士,企業実務家にとって必携の書。
目次
Ⅰコーポレート・ガバナンス
 1 株主総会における議決権行使・委任状勧誘/田中 亘
 2 共益権と自益権との乖離/井上 聡
 3 取締役・執行役の会社に対する責任/青竹正一
 4 株主代表訴訟/周 劍龍
 5 監査役の権限/山口利昭
 6 会社法の内部統制システムと実務上の課題/佐藤丈文
 7 独立役員の役割と責任/原 吉宏
 8 会社法施行以後の種類株主総会/戸嶋浩二
 9 閉鎖会社における種類株式及び属人的な定めの利用/行方國雄
Ⅱ 資金調達
 10 大規模第三者割当増資/大杉謙一
 11 新株予約権を用いた資金調達/中山龍太郎
 12 社 債/黒田康之
Ⅲ M&A,組織再編
 13 株式買取請求権を有する者の範囲/十市 崇
 14 株式買取請求における公正な価格(第三者型)/谷川達也
 15 公正な価格(二段階買収・MBO型)/柳 明昌
 16 株式買取請求権が発生する組織再編の範囲/小松岳志
 17 株式買取請求権に関する手続上の問題点/仁科秀隆
 18 敵対的買収防衛策/清水 毅
 19 三角組織再編制度の利用における今後の課題と展望/篠原倫太郎
 20 会社分割の濫用/奥山健志
Ⅳ 株券電子化と会社法
 21 振替株式理論的問題/森下哲朗
 22 個別株主通知/橡川泰史
 23 振替株式に対する複数の質権設定/樋口孝夫
Ⅴ 会計制度と会社法
 24 公正な会計慣行/岸田雅雄
 25 国際会計基準の会社法制への影響/弥永真生
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016