HOME > 詳細 > 社会福祉学
同一ジャンルへ: 社会福祉
社会福祉学

社会福祉学

「社会福祉学」の全体像をとらえる決定版テキスト

平岡 公一 (お茶の水女子大学教授),杉野 昭博 (関西学院大学教授),所 道彦 (大阪市立大学准教授),鎮目 真人 (立命館大学准教授)/著


2011年12月発売
A5判並製カバー付 , 540ページ
定価 3,672円(本体 3,400円)
ISBN 978-4-641-05376-2
Social WelfareStudies

社会福祉
社会福祉 > 社会福祉概論
基本書・体系書

○在庫あり

少子高齢化や社会的排除などの現代的課題に,社会福祉学はどのように向き合うのか。制度・政策と援助実践の両面から成り立つ社会福祉学の理論枠組みを解説し,「社会福祉学とは何か」という問いを考える。現在学ぶべき基礎知識・考え方の枠組みがこの1冊に。<2色刷>
目次
 序 章 社会福祉学とは何か
第1部 ソーシャルワークの展開
 第1章 ソーシャルワークとは何か
 第2章 英米におけるソーシャルワーク
 第3章 日本におけるソーシャルワーク
 第4章 ソーシャルワーク理論の展開
第2部 福祉国家の形成と展開
 第5章 福祉国家の形成
 第6章 福祉国家の危機と再編
 第7章 戦後日本の社会保障と社会福祉
 第8章 1980年代以降の年金・医療改革
 第9章 社会福祉制度改革の展開
第3部 社会福祉の焦点
 第10章 貧困・低所得のとらえ方と福祉
 第11章 子どものウェルビーイング
 第12章 「障害」観の転換と福祉
 第13章 老いと福祉
 第14章 コミュニティと福祉
第4部 社会保障の制度と政策
 第15章 社会保障制度の原理と体系
 第16章 日本の社会保障制度
 第17章 所得保障のしくみと考え方
 第18章 医療保障のしくみと考え方
 第19章 社会保障の負担と国民の選択
第5部 社会福祉サービスの政策と運営
 第20章 社会福祉とニード
 第21章 ニード充足の方法と原理
 第22章 社会福祉の運営体制
 第23章 権利擁護とサービスの質の確保
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016