HOME > 詳細 > 入門刑事法 第4版
入門刑事法

入門刑事法 第4版

裁判員時代のいま──『罪』と『罰』を考える。大幅改訂,装丁一新!

三井 誠 (同志社大学教授),曽根 威彦 (早稲田大学教授),瀬川 晃 (同志社大学教授)/編


2009年11月発売
A5判並製カバー付 , 322ページ
定価 2,640円(本体 2,400円)
ISBN 978-4-641-04274-2
n Introduction to Criminal law,Criminal Procedure and Criminology

刑法
刑事訴訟法
刑事学
やさしい入門書

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

道交法に関する厳罰化世論や裁判員制度など,身近な話題から刑法・刑事訴訟法・刑事学へとアプローチ。わが国の刑事法の全体像をわかりやすく紹介する。「罪」と「罰」のあり方を考える上で,刑事法研究者・実務家らが最良の素材を提供する,裁判員時代の必読書。
目次
序章 刑事法とは
 あらまし
第1章 刑 法
 あらまし
 THEME1 刑法についての基本的な考え方
 THEME2 犯罪とは何か
 THEME3 人のいのちと刑法
 THEME4 交通刑法の改正と重罰化
 THEME5 経済取引と刑法【Invitation to検察官】
第2章 刑事訴訟法
 あらまし
 THEME1 被疑者の取調べ
 THEME2 検察審査会制度
 THEME3 伝聞法則
 THEME4 警察捜査の実態と今後の課題【Invitation to警察官】
 THEME5 裁判【Invitation to裁判官】
 THEME6 裁判員制度【Invitation to法曹(裁判員裁判)】
 THEME7 捜査弁護【Invitation to弁護士】
 THEME8 刑事裁判と法テラス【Invitation toスタッフ弁護士】
第3章 刑事学
 あらまし
 THEME1 わが国の犯罪状況
 THEME2 なぜ人は犯罪を犯すのか
 THEME3 「罰する」ことの意味
 THEME4 犯罪者はどのように処遇されているか 【Invitation to矯正職員・保護観察官】
 THEME5 大人とは違う少年犯罪者への取扱い
 THEME6 被害者支援をいかに実現するか
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016