HOME > 詳細 > 注釈国際私法 第1巻 -- 第1部 法の適用に関する通則法 1条~23条
注釈国際私法 第1巻

注釈国際私法 第1巻 -- 第1部 法の適用に関する通則法 1条~23条

新時代の有斐閣コンメンタール

櫻田 嘉章 (甲南大学教授),道垣内 正人 (早稲田大学教授・弁護士)/編集


2011年12月発売
A5判上製箱入 , 692ページ
定価 7,344円(本体 6,800円)
ISBN 978-4-641-01846-4


国際私法・国際取引法

○在庫あり

国際私法(法の適用に関する通則法,特別法)全体を扱うわが国初のコンメンタール。
外国の立法例との比較,歴史的沿革をも踏まえたアカデミックで本格的な解説を行う。現在の国際私法学の水準を示し,法律実務家からも信頼される注釈書を刊行する。
目次
第1部 法の適用に関する通則法
   注:国際私法立法の経緯/国際私法の範囲/条理
 第1章 総則
  第1条(趣旨) 
 第2章 法律に関する通則
  第2条(法律の施行期日)
  第3条(法律と同一の効力を有する慣習)
 第3章 準拠法に関する通則
   注:権利能力
   第1節 人
  第4条(人の行為能力)
  第5条(後見開始の審判等)
  第6条(失踪の宣告)
   注:法人・外人法規制
   第2節 法律行為
  第7条(当事者による準拠法の選択)
  第8条(当事者による準拠法の選択がない場合)
  第9条(当事者による準拠法の変更)
  第10条(法律行為の方式)
  第11条(消費者契約の特例)
  第12条(労働契約の特例)
   注:分割指定/代理/信託
   第3節 物権等
  第13条(物権及びその他の登記をすべき権利)
   第4節 債 権
  第14条(事務管理及び不当利得)
  第15条(明らかにより密接な関係がある地がある場合の例外)
  第16条(当事者による準拠法の変更)
  第17条(不法行為)
  第18条(生産物責任の特例)
  第19条(名誉又は信用の毀損の特例)
  第20条(明らかにより密接な関係がある地がある場合の例外)
  第21条(当事者による準拠法の変更)
  第22条(不法行為についての公序による制限)
  第23条(債権の譲渡)
   注:債権質・債権者代位権・債権者取消権・相殺/倒産実体法/海事/知的財産権/通貨法
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016