HOME > 詳細 > 注釈刑法 第1巻
同一ジャンルへ: 刑法
注釈刑法 第1巻

注釈刑法 第1巻

新時代の有斐閣コンメンタール

西田 典之 (学習院大学教授),山口 厚 (東京大学教授),佐伯 仁志 (東京大学教授)/編集


2010年12月発売
A5判上製箱入 , 1038ページ
定価 9,720円(本体 9,000円)
ISBN 978-4-641-01781-8
Japanese Penal Code Annotated,Vol.1

刑法 > 刑法総論

○在庫あり

刑法コンメンタールの金字塔,団藤重光責任編集『注釈刑法』全6巻に連なる,新『注釈刑法』全3巻。第1巻は序説と刑法典第1編「総則」を扱う。活発な判例の動きに呼応して,より実務に密着して深化した学説・研究を踏まえた,現代型注釈書の決定版。
目次
序説
 第1 刑法の沿革/第2 罪刑法定主義
第1編 総 則
 第1章 通 則
 第2章 刑
 第3章 期間計算
 第4章 刑の執行猶予
 第5章 仮釈放
 第6章 刑の時効及び刑の消滅
 第7章 犯罪の不成立及び刑の減免
 第8章 未遂罪
 第9章 併合罪
 第10章 累 犯
 第11章 共 犯
 第12章 酌量減軽
 第13章 加重減軽の方法

執筆者:伊藤渉・今井猛嘉・上嶌一高・川出敏裕・金光旭・小林憲太郎・佐伯仁志・佐藤隆之・鎮目征樹・島田聡一郎・嶋矢貴之・鈴木左斗志・高山佳奈子・西田典之・橋爪隆・深町晋也・古川伸彦・山口厚・和田俊憲(50音順)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016