HOME > 詳細 > 新注釈民法 15 債権8 -- 事務管理・不当利得・不法行為1
同一ジャンルへ: 債権各論
新注釈民法 15 債権8

新注釈民法 15 債権8 -- 事務管理・不当利得・不法行為1

【創業140周年記念出版】有斐閣コンメンタール

有斐閣コンメンタール > 有斐閣コンメンタール

窪田 充見 (神戸大学教授)/編集
大村 敦志 (東京大学教授),道垣内 弘人 (東京大学教授),山本 敬三 (京都大学教授)/編集代表


2017年02月発売
A5判上製箱入 , 984ページ
定価 10,800円(本体 10,000円)
ISBN 978-4-641-01751-1
New Commentary on the Civil Code of Japan Vol.15

債権各論

○在庫あり

判例・学説の現在の到達点を示す,本格的コンメンタール『新注釈民法』全20巻の第1回配本。本巻は,第3編債権「第3章 事務管理」「第4章 不当利得」および「第5章 不法行為」中一般不法行為を扱う。信頼と伝統を受け継いだ,新時代のコンメンタール。

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
第3章 事務管理
     697条~702条…平田健治
第4章 不当利得
     703条・704条…藤原正則
     705条~708条…川角由和
     不当利得の要件事実…竹内 努
第5章 不法行為
     709条
      A 不法行為法に関する総説…橋本佳幸
      B 不法行為の成立要件…橋本佳幸
      C 不法行為の効果…前田陽一
      D 不法行為の類型
       Ⅰ 名誉毀損・プライバシー侵害等…水野 謙
       Ⅱ 医療事故…手嶋 豊
       Ⅲ 製造物に関する事故…米村滋人
       Ⅳ 公害・環境侵害…吉村良一
       Ⅴ 交通事故…山口成樹
       Ⅵ 取引関係における不法行為…後藤巻則
     一般不法行為の要件事実…竹内 努
     710条・711条…窪田充見

書評等

◆書斎の窓の「書評」にて,前田達明・京都大学名誉教授が本書を紹介しています。 →記事を読む

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016