HOME > 詳細 > 新版注釈民法(10)2 債権(1)債権の目的・効力(2) -- 415条~426条
同一ジャンルへ: 債権総論
注釈民法(10)2 債権(1)債権の目的・効力(2)

新版注釈民法(10)2 債権(1)債権の目的・効力(2) -- 415条~426条

信頼・詳解のコンメンタール決定版!

奥田 昌道 (京都大学名誉教授)/編集


2011年12月発売
A5判上製箱入 , 1014ページ
定価 10,800円(本体 10,000円)
ISBN 978-4-641-01746-7


債権総論

○在庫あり

最高の執筆陣による民法コンメンタールの決定版。本巻では,民法第3編「債権」第1章「総則」の要ともいえる415条~426条を扱う。平成16年の民法現代用語化をはじめとして,旧版刊行以降の立法・判例・学説の発展をふまえて24年ぶりに全面改訂。

注釈民法・新版注釈民法の刊行一覧をPDFで公開しています。
在庫のご確認などの際にご利用ください。
注釈民法はこちら
新版注釈民法はこちら
目次
第3編 債権
 第1章 総則
 第2節 債権の効力
   415条 債務不履行による損害賠償〔北川善太郎=潮見佳男〕
   416条 損害賠償の範囲〔北川善太郎=潮見佳男〕
   417条 損害賠償の方法〔窪田充見〕
   418条 過失相殺〔窪田充見〕
   419条 金銭債務の特則〔能見善久〕
   420条 賠償額の予定〔能見善久=大澤 彩〕
   421条 同前〔能見善久〕
   422条 損害賠償による代位〔山下純司〕
   423条 債権者代位権〔下森 定〕
   424条 詐害行為取消権〔下森 定〕
   425条 詐害行為の取消しの効果〔下森 定〕
   426条 詐害行為取消権の期間の制限〔下森 定〕
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016