HOME > 詳細 > 死刑廃止論 第6版
同一ジャンルへ: 刑法
死刑廃止論

【オンデマンド】 死刑廃止論 第6版

21世紀,日本に死刑は存置するのか

団藤 重光 (元最高裁判所判事)/著


2000年04月発売
四六判上製カバー付 , 562ページ
オンデマンド定価 10,780円(本体 9,800円)
オンデマンドISBN 4-641-91504-0
(原本ISBN 4-641-04184-9)



刑法 > 刑法総論 >

オンデマンドで対応
> オンデマンドとは
買い物カゴに入れる

*2019年9月オンデマンド対応。
年に2回,数名ずつの死刑執行が定例のようになってしまった日本。凶悪な事件が起こるたびに死刑の声が高まるなか,あえて死刑廃止を訴える著者の思いは,いよいよ深く確信に満ちたものになっている。21世紀,日本の選択にむけて,著者からの真摯なメッセージ。
「死刑の問題は,社会的な問題であるとともに,人々の心の問題である。犯人に対する関係でも被害者に対する関係でも,その身になって考える思いやりの心が根底になければならない。私は正義を重んじる点では人後に落ちないつもりだが,こうした人間的な思いやりの心を欠くときは,正義は名ばかりの虚しいものになってしまう。人間的な思いやりのある社会においてこそ,正しい死刑論が可能になり,死刑廃止論も完全に結実するであろう。私は,それを次世紀に期待する。」
目次
《主な目次》
第I部 死刑廃止を訴える
第II部 死刑廃止を考える
第III部 死刑についての二,三の省察
第IV部 資 料
第V部 Toward the Abolition of the Death Penalty
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016