HOME > 詳細 > シャウプ勧告50年の軌跡と課題
同一ジャンルへ: 租税法
シャウプ勧告50年の軌跡と課題

【オンデマンド】 シャウプ勧告50年の軌跡と課題

租税法研究 > 租税法研究 第28号

租税法学会/編


2000年09月発売
A5判並製 , 180ページ
オンデマンド定価 3,996円(本体 3,700円)
オンデマンドISBN 4-641-90278-X
(原本ISBN 4-641-12882-0)



租税法 > 租税一般

オンデマンドで対応
> オンデマンドとは
買い物カゴに入れる

*2002年12月オンデマンド対応。
[論説]シャウプ勧告の歴史的意義/シャウプ勧告に基づく税制改正とその後の変遷/他、シンポジウム:シャウプ勧告50年の軌跡と課題
目次
《主な目次》
【論説】
シャウプ勧告の歴史的意義=金子 宏
シャウプ勧告に基づく税制改正とその後の変遷=植松守雄
抜本的税制改革以後の税制と「シャウプ勧告」=森信茂樹
租税行政手続における権利義務関係=木村弘之亮
シャウプ勧告における総合累進所得税=澁谷雅弘
【シンポジウム】
シャウプ勧告50年の軌跡と課題
【学界展望】
【判例回顧】
[学会記事]
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016