HOME > 詳細 > 21世紀親子法へ
同一ジャンルへ: 親族・相続
21世紀親子法へ

21世紀親子法へ

二宮 周平榊原 富士子/著


1996年12月発売
四六判 , 228ページ
定価 1,980円(本体 1,800円)
ISBN 4-641-18269-8


親族・相続 > 親族法

在庫なし

現在のわが国の親子法の仕組みを批判的に解説した上で,今どんな問題が起きているのかを明らかにする。子どもを権利の主体として捉えるとき,まもなく21世紀を迎えるこの時期に親と子の関係が「対等」であるための条件を考えてみようとする書。21世紀が「新しい時代」なら,この時代にふさわしい親と子の関係を律する「法」とはどんなものであろうか?
目次
《主な目次》
 プロローグ
1 母とは誰か
2 父とは誰か
3 多様な家族と子ども
4 子どもの権利の保障
5 子育ての保障
 エピローグ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016