HOME > 詳細 > ミクロ経済学をつかむ
同一ジャンルへ: 経済理論
ミクロ経済学をつかむ

ミクロ経済学をつかむ

神戸 伸輔 (学習院大学教授),寳多 康弘 (南山大学助教授),濱田 弘潤 (新潟大学助教授)/著


2006年12月発売
A5判並製カバー付 , 332ページ
定価 2,376円(本体 2,200円)
ISBN 4-641-17700-7


経済理論 > ミクロ経済学
やさしい入門書

○在庫あり

ミクロ経済学を初めて学ぶ人のために,学ぶ内容を基本的なことに絞り,本当に重要な考え方を確実に理解できるよう工夫をこらしたテキスト。市場の働きを理解できるようにすることを主目的に,数式をほとんど使わず図と言葉で丁寧に説明した。演習問題と解答も充実。
目次
unit0 経済学について
第1章 ミクロ経済学について
 unit1 ミクロ経済学とは
 unit2 ミクロ経済学と数学
第2章 需要と供給の均衡分析
 unit3 需要と供給
 unit4 価格弾力性
 unit5 完全競争市場と市場均衡
 unit6 比較静学
第3章 消費者行動
 unit7 効用と無差別曲線
 unit8 限界代替率
 unit9 予算制約と効用最大化
 unit10 所得効果と代替効果
 unit11 価格の変化の効果
第4章 企業行動
 unit12 生産関数
 unit13 生産量と費用
 unit14 いろいろな費用の性質
 unit15 利潤最大化
 unit16 長期と短期
第5章 余剰分析
 unit17 余剰分析の仕方
 unit18 市場均衡と余剰
 unit19 余剰分析の応用
 unit20 余剰分析と弾力性
第6章 純粋交換経済での一般均衡分析
 unit21 エッジワースのボックス・ダイアグラム
 unit22 純粋交換経済の市場均衡
 unit23 パレート効率性と市場の最適性
第7章 より進んだ学習のために
 unit24 完全競争市場でない経済
文献案内

訂正情報

*訂正情報をアップロードしました。→詳細はこちらをご覧ください。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016