HOME > 詳細 > 経済学史24の謎
経済学史24の謎

経済学史24の謎

経済学史を現代から問い直す

根岸 隆 (東京大学名誉教授・東洋英和女学院大学教授)/著


2004年09月発売
四六判上製カバー付 , 230ページ
定価 2,310円(本体 2,100円)
ISBN 4-641-16224-7


経済学史・社会思想史 > 経済学史

在庫なし

経済学史の山脈に連なる著名学者の学説をいかに理解すべきか。諸学説に伴う「なぜ」について,現代の経済学の到達地点から見直し,著者の深い洞察から適切な解釈を提供する。24のテーマは,経済学の視点を明示し,経済学を学ぶ上で,より一歩進んだ理解へ導く。
目次
1 『経済表』は重農主義なのか(ケネー)
2 規模の経済か,不均衡分析か(スミス)
3 農業では牛も働く?(スミス)
4 リカードウの変な経済地理(リカードウ)
5 リカードウでもできる!(リカードウ)
6 困るのは機械ではなく過剰投資(リカードウ)
7 過少消費論者ではなくサプライサイダー(マルサス)
8 敵は本能寺(ソーントン)
9 いつまでも面倒はみられない(ミル)
10 マルクスのサービス残業論(マルクス)
11 マルクスの国際的搾取論(マルクス)
12 ワルラスでマルクスを解明する(ワルラス)
13 墓碑銘は何を最大化しているのか(チューネン)
14 企業数が大事ですか?(クールノー)
15 ワルラス先生いわく,答えだけ合っても駄目!(ジェボンズ)
16 方程式が余った!(ワルラス)
17 方程式が足りない?(ヴィクセル)
18 返す刀でベーム・バヴェルクも(柴田敬)
19 マーシャルが生産者余剰を忘れた?
20 売り家と唐様で書く三代目
21 不安定ではダメですか?
22 アメリカは労働集約的な財を輸出している!
23 輸出が伸びるとその国は窮乏化する?
24 うっかり展望論文など書くものではない!
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016