HOME > 詳細 > 日本の流通100年
同一ジャンルへ: 商業・流通
日本の流通100年

日本の流通100年

流通の世紀をとらえるために

石原 武政 (大阪市立大学教授),矢作 敏行 (法政大学教授)/編


2004年12月発売
A5判並製カバー付 , 394ページ
定価 3,780円(本体 3,500円)
ISBN 4-641-16223-9


商業・流通
基本書・体系書

○在庫あり

激変する現代流通の実態を歴史の中に位置付け,大きな流れを捉えられるように解説された,「流通現代史」の初めての本格的概説書。商品別・業態別に構成し,共通した分析視角に基づき,100年間の歩みを多面的にとらえ,日本の流通の基本的特性を明らかにする。
目次
序章 流通100年の分析視角
第1部 生産と商業の相克
 1 加工食品流通:チャネル編成様式の歴史的動態
 2 化粧品・医薬品流通:チャネル支配・再販の形成・変容の構図
 3 家電流通:家電メーカーと家電商人の対立と協調
 4 衣料品流通:コモディティからブランドへの転換
第2部 小売業と流通政策
 5 百貨店:大規模小売商の成立と展開
 6 チェーンストア:経営革新の連続的展開
 7 中小小売業:過小・過多構造の動態
 8 流通政策:大店法からまちづくりへ
 終章 流通100年を振り返って
 流通年表
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016