HOME > 詳細 > 新しい産業組織論 -- 理論・実証・政策
同一ジャンルへ: 産業組織論
新しい産業組織論

新しい産業組織論 -- 理論・実証・政策

小田切 宏之 (一橋大学教授)/著


2001年09月発売
A5判上製カバー付 , 296ページ
定価 3,240円(本体 3,000円)
ISBN 4-641-16127-5


産業組織論
基本書・体系書

○在庫あり

伝統的な枠組みを継承しつつ,ゲーム論など新しい成果を取り入れ,現実や政策との関連を重視し,エキサイティングな産業組織論を追求した,待望の新テキスト。「いかに市場をうまく機能させるか」という視点に立ち,企業行動や政策を読み解くための理論的な基礎を解説。
目次
《主な目次》
1 産業組織論の基本概念
 構造・行動・成果(SCP)分析/集中度
2 独占による経済厚生の損失
 厚生経済学の基本定理
 独占市場均衡と厚生
 固定費用
3 寡占市場の均衡・経済厚生・利益率
 企業間費用格差とマーケット・シェア
 市場構造と利益率
4 価格決定のベルトラン・モデルと参入阻止
5 コンテスタブル・マーケットと参入障壁
6 戦略的参入阻止とコミットメント
7 製品差別化による競争
8 広告の情報提供機能と先行者の優位性
9 研究開発と特許についての競争
10 カルテルと暗黙の協調
11 合併の経済効果
12 垂直的な取引制限
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016