HOME > 詳細 > 民法 Ⅲ -- 債権総論 第3版
同一ジャンルへ: 債権総論
民法 Ⅲ

民法 Ⅲ -- 債権総論 第3版

民法現代用語化に対応!

野村 豊弘 (学習院大学教授),栗田 哲男 (元立教大学教授),池田 真朗 (慶應義塾大学教授),永田 眞三郎 (関西大学教授)/著


2005年04月発売
四六判並製カバー付 , 272ページ
定価 1,870円(本体 1,700円)
ISBN 4-641-15913-0


債権総論

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

第一線の執筆陣による,定評あるスタンダード・テキストの最新版。重要な説明部分を明示し,図表を活用するなど,立体的な理解を助ける。民法現代用語化,貸金等根保証制度創設等の法改正に対応するとともに,体裁を横組に変更してリニューアルした第3版。
目次
第1章 序 論
 債権の意義
 債権法の内容
第2章 債権の目的
 序 説
 特定物債権と種類債権
 金銭債権
 選択債権
第3章 債権の効力
 はじめに
 履行の強制
 債務不履行
 損害賠償
 受領遅滞
第4章 責任財産の保全
 序 説
 債権者代位権
 債権者取消権
第5章 多数当事者の債権関係
 序 説
 分割債権・分割債務
 不可分債権・不可分債務
 連帯債務
 保証債務
第6章 債権譲渡と債務引受
 序 説
 債権譲渡
 証券的債権の譲渡
 債務引受
第7章 債権の消滅
 序 説
 弁済と供託
 相 殺
 更改・免除・混同
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016