HOME > 詳細 > 特別法と民法法理
同一ジャンルへ: 民法一般
特別法と民法法理

特別法と民法法理

民法学と特別法の交錯

潮見 佳男 (京都大学教授),山本 敬三 (京都大学教授),森田 宏樹 (東京大学教授)/編


2006年10月発売
A5判上製カバー付 , 230ページ
定価 3,850円(本体 3,500円)
ISBN 4-641-13471-5


民法一般

在庫なし

現代社会の変容・発展とともに顕著な特別法の改正・制定により,民法法理はどのような修正を余儀なくされているのか,あるいはどのように生かされているのか。民法法理の現在の姿を示すとともに,現代社会におけるあるべき姿を描き出す。
目次
第1章 債権譲渡と個人情報保護=中田裕康
第2章 『相殺権者』としての債務者
      ――債権譲渡特例法下での『債権譲渡と相殺』=潮見佳男
第3章 契約書の真正の推定の実体法的意義=滝沢昌彦
第4章 消費者契約の解除に伴う『平均的な損害』の意義について=森田宏樹
第5章 賃貸借の対抗力に関する一般法と特別法=道垣内弘人
第6章 借地借家法による賃料増減規制の意義と判断構造
      ――『強行法規』の意味と契約規制としての特質=山本敬三
第7章 法技術としての組合契約=大村敦志
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016