HOME > 詳細 > 契約成立プロセスの研究
同一ジャンルへ: 債権各論
契約成立プロセスの研究

契約成立プロセスの研究

契約成立の本質的要素に接近

滝沢 昌彦 (一橋大学教授)/著


2003年02月発売
A5判上製カバー付 , 310ページ
定価 6,480円(本体 6,000円)
ISBN 4-641-13321-2


債権各論 > 契約

在庫なし

申込と承諾という二つの意思表示が合致すれば契約が成立する。しかし民法は例外的な成立形態,たとえば承諾の発信主義や意思実現の制度を有している。これらの場合に債権債務が発生するのはなぜか。この考察を通して,契約成立の本質的要素への接近を試みる論文集。
目次
第1部 申込概念の形成と課題
 第1章 申込概念の発生
 第2章 契約成立プロセスの史的展開
 第3章 申込概念の検討
 第4章 一方的表示の効力発生時期
第2部 意思実現による契約の成立
 第1章 意思実現をめぐって
 第2章 意思実現再論
第3部 契約の認定
 第1章 証書による証明と表示主義
 第2章 証書による証明と意思表示理論
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016