HOME > 詳細 > 民法研究ハンドブック
同一ジャンルへ: 民法一般
民法研究ハンドブック

民法研究ハンドブック

民法研究のための手引

大村 敦志 (東京大学教授),道垣内 弘人 (東京大学助教授),森田 宏樹 (東北大学教授),山本 敬三 (京都大学教授)/共著


2000年04月発売
A5判上製カバー付 , 362ページ
定価 2,970円(本体 2,700円)
ISBN 4-641-13234-8


民法一般
補助教材

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


大学・大学院の大衆化は,「徒弟的指導」型から自立的研究型への転換をせまり,学生を「迷い道」に追いこんでしまうリスクを孕む。本書は,初めて論文に取り組もうとする学生に,学問の知的伝統にたった「魂」と「技」を指南する待望のハンドブックである。
目次
《主な目次》
序 論 1誰のために?/2なぜ?/3どのように?
第1章 「魂」――論文のアイディア
 第1節 「遊」―主題の模索
 第2節 「想」―主題の決定
第2章 「型」――論文のスタイル
第3章 「体」――論文のプラクシス
 第1節 「練」―素材の分析
 第2節 「塑」―論文の構成
第4章 「技」――論文のテクニック
 第1節 「索」―資料の検索
 第2節 「磨」―原稿の執筆
第5章 「響」――論文のインパクト
補 論 判例評釈の書き方
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016