HOME > 詳細 > 医療の個人情報保護とセキュリティ -- 個人情報保護法とHIPAA法 第2版
同一ジャンルへ: 行政法
医療の個人情報保護とセキュリティ

医療の個人情報保護とセキュリティ -- 個人情報保護法とHIPAA法 第2版

医療情報の適正な取扱いの実施に向けて

開原 成允 (国際医療福祉大学教授),樋口 範雄 (東京大学教授)/編


2005年06月発売
四六判並製カバー付 , 342ページ
定価 2,640円(本体 2,400円)
ISBN 4-641-12978-9


行政法 > 行政手続・参加・情報公開・個人情報保護
個別テーマの解説書

在庫なし

個人情報保護法施行にあわせ,厚生労働省が詳細なガイドラインを策定。策定に携わった研究者によるガイドラインの詳しい解説,医療現場での取組み,臨床研究や疫学研究における問題,介護事業者をめぐる問題について新たな章を設け,グレードアップ。
目次
第1章 医療における個人情報保護の歴史と背景
第2章 保護されるべき医療個人情報
第3章 アメリカにおける医療情報保護
第4章 個人情報保護法と厚生労働省ガイドラインが医療に与える影響
第5章 介護分野における個人情報保護
第6章 医学研究における個人情報保護
第7章 電子情報のセキュリティ対策
第8章 医療機関は具体的にはどうすればよいか?
結び
〔資料編〕
●個人情報の保護に関する法律
●医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン
●疫学研究に関する倫理指針
●臨床研究に関する倫理指針
●医療分野における個人情報保護に関するガイドライン等の照会先一覧
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016