HOME > 詳細 > 刑事訴訟法
同一ジャンルへ: 刑事訴訟法
刑事訴訟法

刑事訴訟法

新しい時代の大学テキスト・シリーズ

有斐閣アルマ > Specialized

寺崎 嘉博 (筑波大学教授),長沼 範良 (法政大学教授),田中 開 (成蹊大学教授)/著


2001年10月発売
四六判並製カバー付 , 348ページ
定価 2,200円(本体 2,000円)
ISBN 4-641-12099-4


刑事訴訟法

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

刑事訴訟を支える制度・理念とその相互関係,判例・学説,運用の実体を,客観的視点から平易に解説することを基本に据え,コラムを用い,学説上の論争点,新しい問題点に簡明な形で言及した。刑事訴訟法のスタンダード・テキスト。
目次
《主な目次》
序 章 刑事事件,刑事訴訟と刑事訴訟法
 刑事訴訟法とは
第1章 手続の関与者
 刑事事件の処理
 裁判所
 検察官
 被疑者・被告人
 弁護人
 その他の関与者
第2章 捜 査
 捜査の概要
 捜査の端緒
 任意捜査と強制捜査
 逮捕と勾留
 被疑者等の取調べ
 捜索・差押え・検証
 捜査の限界
 被疑者の防御
 捜査の終結
第3章 公 訴
 公訴提起の基本原則
 公訴の提起
 訴訟条件
 起訴状の記載
第4章 公判の手続
 公判廷の構成
 公判手続の流れ
 公判の諸原則
 訴因の変更
第5章 証拠法
 証拠法の意義
 証拠と証明
 被告人の供述
 被告人以外の者の供述
 非供述証拠
第6章 実体判決と形式裁判
 公判の裁判
 裁判の効力
第7章 上 訴
 上訴制度
 控 訴
 上 告
 抗 告
第8章 非常救済手続

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016