HOME > 詳細 > 日本の農業150年 -- 1850~2000年
同一ジャンルへ: 農業経済
日本の農業150年

日本の農業150年 -- 1850~2000年

暉峻 衆三 (前宇都宮大学教授)/編


2003年12月発売
A5判並製カバー付 , 348ページ
定価 3,300円(本体 3,000円)
ISBN 4-641-08697-4


農業経済
基本書・体系書

在庫なし

資本主義の展開と農業問題という視点から近・現代日本農業の歴史をトータルに捉えた『日本農業100年のあゆみ』を全面的に増補・改訂。2000年まで分析の射程に入れ,これからの日本農業・食料問題を見通して,学生・市民向けに書き下ろされた決定版日本農業史。
目次
第1章 近代日本への出発
 幕藩体制の成立から幕末・維新期まで…加藤幸三郎
第2章 日本資本主義の確立
 1880年代末から第一次世界大戦まで…牛山敬二
第3章 独占段階への移行
 第一次世界大戦から世界大恐慌まで…林 宥一
第4章 世界大恐慌から戦時体制へ
 世界大恐慌から敗戦まで…林 宥一
第5章 占領下の日本資本主義の再編成と農地改革
 敗戦から1950年代初頭まで…暉峻衆三
第6章 高度経済成長の展開
 1950年代初頭から1970年代初頭まで…暉峻衆三
第7章 低成長への移行と,経済大国下の農業小国化への道
 1970年代初頭から2000年まで…暉峻衆三
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016