HOME > 詳細 > 食生活論 第3版
食生活論

食生活論 第3版

米川 五郎 (愛知教育大学名誉教授),馬路 泰蔵 (岐阜大学教授)/編


2002年04月発売
A5判並製カバー付 , 220ページ
定価 1,980円(本体 1,800円)
ISBN 4-641-08668-0


家政学・生活科学・健康

在庫なし

食生活全般に関して,栄養や食品などの各専門分野はもとより,歴史・社会・流通・比較文化・教育など,さまざまな視点から広く概説した「食生活論」入門。少子高齢化問題や環境問題など,1990年代以降の動き・変化をふまえ,統計や資料を追加・更新し全面改訂した。
食生活は健康に生きるための基盤である。国際化・情報化・外部化・高齢化などとともに,環境汚染・人口爆発・食糧供給の偏在といった深刻な諸問題が大規模かつ急速に進行する現在,食生活全般に関する基本的な学習を試みる。
目次
《主な目次》
第1章 国際化時代の食生活…米川五郎
第2章 私たちの食生活…馬路たい藏
第3章 世界の食文化…馬路たい藏・平野年秋
第4章 食生活のあゆみ…馬路たい藏・平野年秋
第5章 国際化時代の食習慣…米川五郎
第6章 食物と健康…早瀬和利
第7章 食物の生産…田中治夫
第8章 食品の流通と消費…米川五郎
第9章 食物の調理…馬路たい藏
第10章 食生活教育と栄養士の役割…米川五郎・平野年秋
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016